• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > ごみとリサイクル > 区の計画・その他 > 足立区災害廃棄物処理計画を策定しました

ここから本文です。

更新日:2019年6月10日

足立区災害廃棄物処理計画を策定しました

災害時における区内の災害廃棄物を迅速かつ適正に処理し、区民の生活環境の保全及び公衆衛生上の支障を防止するため、2019年(平成31年3月)に「足立区災害廃棄物処理計画」を策定しました。

目指す姿

迅速かつ適正な災害廃棄物処理により、区民の生命・財産を守り、復興の第一歩へつなげる。

災害廃棄物推計発生量

被害想定:東京湾北部地震マグニチュード7.3(冬18時、風速8メートル/秒)の場合

(1)がれき(建物被害) 約335万トン

(2)廃家電(4品目) 約69万台

(3)粗大ごみ 約8千トン

(4)避難所ごみ 約107トン/日

(5)し尿 約53万リットル/日

処理期間

概ね3年以内とし、可能な限り早期の処理完了を目指します。

一次仮置場候補地(災害廃棄物の分別・保管)

区立公園(野球場、グランド等)の313か所(災害時活動拠点や不適場所の40か所の区立公園を除く。)

区立公園以外にも、区の廃止施設、国・都等の用地も平常時から各管理者と協議し、可能な限り候補地とします。

 一次仮置場候補地(緊急仮置場候補地含む)一覧【資料編抜粋】(PDF:581KB)

緊急仮置場地図、区民の避難行動と緊急仮置場開設までの流れ(PDF:1,297KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部ごみ減量推進課事業調整係

電話番号:03-3880-5301

ファクス:03-3880-5604

Eメール:kankyo-gomigen@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?