• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > ごみとリサイクル > 集団回収について

ここから本文です。

更新日:2017年10月18日

集団回収について

集団回収とは、区民の皆さんが、10世帯以上のグループで各家庭から出る資源、紙類(新聞、雑誌、段ボール、紙パック、その他資源になる紙類)、布類(古着、古布)、缶類(アルミ缶、スチール缶)、びん類(一升びん、ビールびん、その他生きびん)を自主的に日時や場所、品目を決めて回収し、回収業者に引き渡すリサイクル活動です。
区に団体登録をして集団回収を実施すると、回収量に応じた報奨金の支給や作業補助用具の無料貸出しがあります。

お知らせ1

集合住宅(団地自治会・マンション管理組合)の新規団体登録申請は、通常の集団回収に比べて、売払い金の支払い等メリットのある「集団回収モデル事業」で受付しています。くわしくは、以下の「集団回収モデル事業について」をご覧ください。

集団回収モデル事業について

※集団回収モデル事業の団体登録内容の変更などの各種届出は、以下の「集団回収モデル事業について」をご覧ください。

集団回収モデル事業の各種届出

お知らせ2

平成28年5月から6月に、区内6地域において、家庭から出された燃やすごみの量や内容物の調査を行いました。その結果、燃やすごみの中には12.5%もの資源になる紙類が含まれていることが判明しました。これらを正しく分別することで、年間約4億円のごみ処理経費を節約することができます。

区では、更なる資源化率の向上、ごみ処理経費の削減のため、資源になる紙類の啓発に力を入れており、集団回収団体の皆様もぜひ積極的に回収にご協力いただきますようお願いいたします。

下記の啓発チラシを掲示板などに掲示して団体内の皆様にご周知ください。

資源になる紙類啓発チラシ(PDF:243KB)

※資源になる紙類についてもっとくわしく知りたい方は、以下の「資源になる紙類大辞典【古紙の分別にお困りの方へ】」をご覧ください。

資源になる紙類大辞典【古紙の分別にお困りの方へ】

お知らせ3

足立区集団回収支援要綱を平成29年4月1日付で改正しました。

主な改正点

  • 実績報告書の提出が、提出期限を1年以上遅滞した場合は、報奨金の対象とならなくなります。(平成29年4月10日以降に提出期限を迎える平成29年3月分実績から適用)
  • 紙類回収事業者の責務に、事故発生時の区への報告義務が追加されます。

1 集団回収をはじめるには

  1. 参加者を集めます。(10世帯以上)※集合住宅(団地自治会・マンション管理組合)の場合は、上記のお知らせをご覧ください。
  2. 代表者・担当者を決め、回収業者を選びます。(紙類の回収業者は足立区紙類集団回収登録業者から選定してください。登録業者はページ下部の関連PDFファイルをご覧ください。紙類以外の品目は登録業者によって回収できる品目に違いがあります。回収を希望する品目について、業者に事前に確認してください。業者が分からない場合は、区にご相談ください。)
    ※業者選定にあたり、月または週でどれくらい資源が出るのか事前に確認しておく必要があります。
  3. 回収業者と相談して、回収日時や場所、品目(※)などを決めます。
    ※品目…紙類(新聞、雑誌、段ボール、紙パック)、布類(古着、古布)、缶類(アルミ缶、スチール缶)、びん類(一升びん、ビールびん、その他生きびん)
  4. 区へ「集団回収団体登録申請書」を提出します。
    「各種申請書」からダウンロードしてご利用いただけます。
  5. 審査後、区から「集団回収団体登録証」を交付します。

「集団回収団体登録証」が交付されたら、回収開始です。

※なお、登録内容(代表者、登録口座など)に変更があった場合は、「集団回収団体登録変更届」の提出が必要です。下記の「5 団体登録内容の変更などの各種届出」をご参照ください。

2 実績報告書の提出

「集団回収団体登録証」の交付後、集団回収を実施した時は、集団回収実績報告書の提出が必要になります。
集団回収実績報告書は、月ごと(業者別)に代表者印、回収業者印を押印のうえ、提出してください。

  • 実績報告書の提出期限は、回収実施月の翌月10日です。
  • 実績報告書の提出が遅れると、報奨金の支給が遅くなる場合があります。
  • 実績報告書の提出が、上記の提出期限から1年以上遅滞した場合は、報奨金の対象となりません。(平成29年4月10日以降に提出期限を迎える平成29年3月分実績から適用)

 ※古紙については、業者発行の計量証明(伝票)を添付して下さい。
※代表者印は個人の認め印を押印してください。

3 報奨金の支給

「集団回収実績報告書」に基づき、回収量に応じて1kgあたり6円の報奨金を支給します。
報奨金支給は、3か月ごとの年4回です。

  • 4、5、6月実績分は、8月下旬
  • 7、8、9月実績分は、11月下旬
  • 10、11、12月実績分は、2月下旬
  • 1、2、3月実績分は、5月下旬です。

※実績報告書の提出期限は、回収実施月の翌月10日です。
実績報告書の提出が遅れると、報奨金の支給が遅くなる場合があります。

【集団回収報奨金対象品目】

紙類 新聞、雑誌、段ボール、紙パック、その他資源になる紙類
布類 古着、古布
缶類 アルミ缶、スチール缶
びん類 生きびん(一升びん、ビールびん、その他生きびん)

4 作業補助用具の貸出し

運搬台車(1団体1台)、簡易型空き缶プレス機(1団体2機)、雨よけシート(1団体10枚)、標識旗(1団体10枚)、折りたたみコンテナ(1団体10個)、重量計測用はかり(1団体1台)の作業補助用具を無料で貸出しします。
貸出しを希望される団体は、ごみ減量推進課資源化推進係まで電話で申込みください。

5 集団回収団体の皆様へのお願い

集団回収団体の皆様は、適正な回収量の把握に努めていただきますようお願いいたします。一般家庭の標準的な古紙回収量や、回収現場に立会い実際に見た古紙回収量などと、古紙回収業者が発行する計量票の古紙回収量を比べて、数倍に増えている等、著しく乖離していないかをできる範囲でかまいませんので、確認していただきますようお願いいたします。

【古紙回収量の目安】

  • 標準回収量=参加世帯数×7kgから10kg程度(一般家庭で1か月に排出される古紙量の標準は7から10kg程度)
  • 目視回収量=新聞・雑誌の束×7kgから10kg程度+段ボールの枚数×0.5kg(新聞・雑誌は厚さ30cmの束(新聞整理袋1袋)で10kg、段ボール1枚0.5kg程度)

また、報奨金の収支に係る経理を明確にしていただくとともに、報奨金の請求及び受領にかかる書類を、6年間保存していただきますようお願いいたします。

【足立区集団回収活動支援要綱抜粋】

第4条 2 登録団体は、資源回収状況の確認、資源引渡し時の立会い等を行い、資源の状態や量の把握に努めなければならない。

第10条 報奨金の支給を受けた登録団体は、報奨金の収支に係る経理を明確にしておかなければならない。

2 区長は、登録団体の収支状況その他報奨金の交付の適正を期するために必要があると認める事項について、登録団体に報告を求め、又は調査することができる。

3 登録団体は報奨金の請求及び受領にかかる書類について、6年間保存することとする。

6 団体登録内容の変更などの各種届出

代表者や担当者、報奨金振込口座(通帳名義のみ変更も含む)の登録内容を変更した場合や、活動を中止した場合は届出が必要です。下表をご参照ください。

【各種届出】

届出が必要なとき

提出書類

備考

申請書

集団回収団体を登録するとき

「集団回収団体登録申請書」および「支払金口座振替依頼書」

代表者印(個人の認め印)が必要です

※シャチハタ不可

下記の申請書をダウンロードしてご利用ください

団体登録内容を変更するとき(1)
代表者、担当者名など

「集団回収団体登録変更届」

代表者変更の場合は、新・旧代表者印(個人の認め印)が必要です

※シャチハタ不可

下記の申請書をダウンロードしてご利用ください

団体登録内容を変更するとき(2)
振込口座の変更

「支払金口座振替変更届」

通帳(口座名義等確認できる部分)のコピーが必要です

下記の申請書をダウンロードしてご利用ください

集団回収活動を中止したとき

「集団回収団体廃止届」

代表者印(個人の認め印)が必要です

※シャチハタ不可

下記の申請書をダウンロードしてご利用ください

※集団回収モデル事業の各種届出は、ページ上部のお知らせをご覧ください。

※紙類の回収業者を変更する場合

どうしても紙類の回収業者を変更しなければならない場合には、変更する前に足立区紙類集団回収登録業者かどうかページ下部の関連PDFファイルで確認をしていただきますようお願いいたします。登録業者ではない回収業者が紙類を回収した場合は、報奨金の支給対象になりませんのでご注意ください。なお、回収業者の変更について、届出は必要ありません。

7 紙類集団回収登録業者の皆様へ

区では、紙類集団回収業者について、登録制にしています。登録業者には、遵守事項等があります。下記をご確認いただき、内容について十分ご理解いただきますようお願いいたします。

1 計量証明書もしくは計量票に証明が必要な事項について

  • 搬入先にて、以下の事項の証明を受けてください。
    ア 資源回収日
    イ 資源回収品目
    ウ 資源回収量
    エ 資源搬入場所
    オ 資源搬入時間
    カ 搬入車両番号⇒登録申請をした車両番号を明記してください。
  • 問屋が発行する計量証明書もしくは計量票に、上記事項の打刻がない場合には、回収業者が不足事項を明記してください。

※計量証明書もしくは計量表に、上記アからカの事項が明記されていない場合には、集団回収団体への報奨金支給ができません。必ず明記してください。

2 登録業者は以下の責務を負います(要点)

資源の適正処理、逆有償の禁止、適正かつ正確な回収実績の報告、区及び団体の求めに応じて、計量証明書を提出、合わせ積みをする際のルール順守、事故発生時の報告

※合わせ積みをする場合は、ページ下部の関連PDFファイルをご確認ください。 

3 以下の事項を行った場合、登録が取り消されます

登録回収業者責務違反、計量証明書等の虚偽記載(手打伝票禁止)、信用失墜行為、資源の持ち去り行為

4 各種届出をしてください

届出が必要なとき

申請書

登録内容(連絡先、使用車両など)が変更になった時

変更届を提出

業者登録証を紛失した時

再発行申請書

登録を希望する時

登録申請書※年度ごとに登録申請が必要

※登録を希望する場合は、毎年1月から2月末までに申請が必要です。必要書類は、申請時期に区から郵送いたします。

関連PDFファイル

集団回収団体の皆様へ

紙類登録回収業者の皆様へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部ごみ減量推進課資源化推進係

電話番号:03-3880-5862(直通)

ファクス:03-3880-5604

Eメール:kankyo-gomigen@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?