• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > ごみとリサイクル > 事業系廃棄物の処理に関する制度改正について

ここから本文です。

更新日:2017年3月24日

事業系廃棄物の処理に関する制度改正について

平成29年10月1日から事業系廃棄物処理に関する次の制度が改正となります。

1.廃棄物処理手数料

 廃棄物の処理費用の受益者負担の適正化を図るため、区が処理する収集運搬などの廃棄物処理手数料を36.5円から40円に改正します。それに伴い、事業系有料ごみ処理券の料金も下表のとおり改正します。

事業系有料ごみ処理券の種類

現行料金

新料金

特大70リットル券(軽量ごみ専用)

1セット:5枚

2,415円

2,660円

大45リットル券

1セット:10枚

3,100円

3,420円

中20リットル券

1セット:10枚

1,380円

1,520円

小10リットル券

1セット:10枚

690円

760円

 平成29年10月1日以降にお手元に残った旧券(平成25年10月1日改正分)は、平成29年10月31日までに限り使用できます。また、足立区ごみ減量推進課または足立清掃事務所の窓口にて、差額料金をお支払いいただくことにより、同券種同枚数の新券種と交換できます。

2.処理基準

 事業系廃棄物の減量推進と事業者処理責任の徹底を図るため、区の収集運搬などを利用(ごみ集積所に排出)できる事業者について、明確でわかりやすい処理基準に改正します。

現行の処理基準

新処理基準

  1. 平均排出日量50kg未満
  2. 常時使用する従業員数20名以下
  1. 平均排出日量10kg未満または区の収集1回あたりの排が90ℓ以下(目安として45ℓ袋で2袋まで)
  2. 常時使用する従業員数20名以下

 処理基準の(1)と(2)の両方に該当している場合は、足立区の「事業系有料ごみ処理券」を貼って区の収集などの処理を利用することができます。

区が処理する事業系廃棄物

区が処理する事業系廃棄物は「事業系一般廃棄物」と「一般廃棄物とあわせて処理する産業廃棄物」となります。「事業系一般廃棄物」の品目の限定は原則ありませんが、「一般廃棄物とあわせて処理する産業廃棄物」は次の(1)から(5)のとおりです。

  1. 廃プラスチック類(原則としてプラスチック製造業・加工業から排出されるものを除く)
  2. 紙くず
  3. 木くず
  4. 金属くず(廃油等が付着しているものを除く)
  5. ガラスくず及び陶磁器くず

処理基準に該当しない場合

処理基準に該当しない事業者につきましては、清掃工場などに自ら運搬もしくは処分し、または許可を有している業者などに委託をしていただく必要がございます。

 一般廃棄物を自ら清掃工場等の処理施設へ定期的に持込みを行う場合は、次の管轄へご相談ください。
東京二十三区清掃一部事務組合施設管理部管理課搬入承認・手数料係

電話番号:03-6238-0830

 許可業者がわからない場合は、廃棄物処理業者が加盟している次の団体へ連絡して、紹介を受けてください。

<事業系一般廃棄物>
東京廃棄物事業協同組合
電話番号:03-3232-6249

<産業廃棄物>
(一社)東京都産業廃棄物協会
電話番号:03-5283-5455

3.事業系有料ごみ処理券未貼付の場合などの行政処分

事業系廃棄物の適正な処理及び公平性の観点から、事業系有料ごみ処理券未貼付や処理基準非該当など、一般廃棄物処理計画遵守義務違反の事業者に対し、事業者名公表や収集運搬拒否、または清掃工場への搬入禁止の行政処分が行えるようになります。

関連情報

お問い合わせ

環境部ごみ減量推進課業務係

電話番号:03-3880-5302

ファクス:03-3880-5604

Eメール:kankyo-gomigen@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?