• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 子育て・教育 > 教育についての取り組み > 学校施設の整備 > 足立区立西新井小学校における杭工事データ流用の結果について

ここから本文です。

更新日:2015年12月24日

足立区立西新井小学校における杭工事データ流用の結果について

足立区立西新井小学校において旭化成建材(株)が行った杭工事データの流用について特定行政庁に報告を提出しました。その結果、特定行政庁が、流用に関する建築物の安全性を確認しましたので改めて報告します。
安全性を確認する方法は、「くいの到達を確認する方法」「セメントミルクの使用状況を確認する方法」が国土交通省より示されております。具体的内容は関連資料をご確認ください。
また、確認された内容は、電流計データの流用に関する安全性の確認状況(12月4日付)及びセメントミルク注入量のデータ流用に関する安全性の確認状況(12月14日付)により公表されております。

1.流用された杭データ

  • 掘削時の電流値(2組4本)
  • 根固め液の流量値(5組10本)

2.経緯

  • 10月21日(水曜日)...学校施設課職員が建物に不具合がないことを確認
  • 11月 6日(金曜日)...旭化成建材(株)から元請会社に杭工事データ流用の報告
  • 11月 7日(土曜日)...保護者向け緊急説明会
  • 11月25日(水曜日)...特定行政庁へ建築基準法第12条第5項の規定に基づく報告を提出
  • 12月 4日(金曜日)...国土交通省「電流計データの流用に関する安全性の確認状況」公表(HP)
  • 12月10日(木曜日)...特定行政庁より安全性に支障がない回答
  • 12月14日(月曜日)...国土交通省「セメントミルク注入量のデータ流用に関する安全性の確認状況」公表(HP)

3.安全確認について

  • 施設の確認
    学校施設課職員が、現場において不同沈下等の不具合がないことを確認
  • 流用された杭工事データの確認
    掘削時の電流値:ボーリングデータや流用されていない杭工事のデータから、施工された杭が支持層に到達したことを確認
    根固め液の流量値:施工時の工事写真から、流用が確認された杭へ適切なセメント量が使用されていることを確認

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局学校教育部学校施設課建築第一係

電話番号:03-3880-5954

ファクス:03-3880-5606

Eメール:gakko-shisetsu@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?