• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 暮らし > 環境・ごみ > 生活環境 > 道路はみんなのものです!

ここから本文です。

更新日:2016年6月13日

道路はみんなのものです!

道路はみんなのものです!

.

道路は、私たちの暮らしの中で、通勤・通学時の交通機能、電気・ガス・上下水道の収納空間、緊急避難路、延焼遮断帯など、様々な役割を担っています。
区では、パトロールや皆さんからの通報により、道路上の違法・不正な使用、その他の危険な行為に対し、改善・指導をおこなっています。

皆さんが安全に利用するためにも次のような行為はやめましょう!

植木鉢の常置

道幅が狭くなり、通行の妨げとなるほか、強風などで飛ばされたりして、思わぬ交通事故の原因となることがあります。また、土砂などで路面が汚れ、排水溝がつまる原因となります。自宅敷地内での管理をお願いします。

生垣・植栽の張り出し

道路上にはみ出した生垣や植栽は、枝などが原因で怪我をしたり、視界を遮り、交通事故の原因となります。特に初夏の時期には急激に伸びるため、定期的な剪定をお願いします。

バイクの保管

交通事故の原因になるほか、倒れたバイクに子どもが下敷きになったという事故も起こっています。駐車場などでの適正な管理をお願いします。
バイクを処分する場合は、販売店、または「二輪車リサイクルコールセンター(電話:050-3000-0727・受付時間:9時30分から17時、土・日・祝日・年末年始等を除く)」にお問い合わせ下さい。

ごみの不法投棄

美観を損ねるだけでなく、交通事故の原因にもなり、危険です。
廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により、5年以下の懲役もしくは1億円以下の罰金、またはその両方が科される場合があります。
なお、ごみの出し方については「家庭」から出る資源とごみの分け方・出し方をご参照ください。

商店主の方へのお願い

道路上の商品の陳列

通行人の転倒などの原因となります。自転車に乗った小学生が、歩道に陳列されたダンボール箱に接触、車道へ転倒し自動車にひかれて死亡したという事故も起こっています。
道路交通法により、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科される場合があります。店舗敷地内での陳列をお願いします。

置き看板やのぼり旗の常置

視界を遮り、衝突など思わぬ事故の原因となるほか、風で倒れて通行人に当たる恐れもあります。店舗敷地内での管理をお願いします。

自主点検をお願いします

各店舗の皆様におかれましては、下記のチェックリストを用いて、道路環境を自主点検していただくようお願いします。

自主点検チェックリスト

点検項目

チェック欄

1.商品や陳列台を道路上に置いていない

はい
□いいえ

2.置き看板を道路上に置いていない

はい
□いいえ

3.のぼり旗を道路上に置いていない

はい
□いいえ

4.自転車やバイクが道路上に駐車されていない

はい
□いいえ

  • 「はい」の項目について
    引き続き、安全な道路環境の維持にご協力をお願いします。
  • 「いいえ」の項目について
    至急改善しましょう。通行の妨げとなり、事故の原因にもなります。

.

道路は公共の場所です。みだりに物を置くことは法律で禁止されています。
(道路法第43条・道路交通法第76条)

関連情報

お問い合わせ

道路管理課監察係
電話番号:03-3880-5265
ファクス:03-3880-5619
Eメール:douro@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?