• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 福祉・健康 > 健康 > 歯科保健 > 歯と口から考える食育活動の取組み

ここから本文です。

更新日:2016年5月3日

歯と口から考える食育活動の取組み

よく噛み、おいしく食べる環境づくり~「歯と口から考える食育活動」の紹介~

区立第一中学校『噛むカム探検隊が行く!』

健康委員の生徒(9名)が、3日間の給食について、噛む回数や食事時間を調査しました。実験の結果から、一中生のみんながよく噛むためにどうしたらよいかを考え、生徒朝礼で「よく噛むための工夫」「給食時間の確保!」を提案しました。

「準備は素早く!食べる時間を確保しよう」と提案

「準備は素早く!食べる時間を確保しよう」と提案

よく噛むための工夫(第一中健康委員会)

  • 姿勢を正しくする
  • 1口の分量を少なめにする
  • 飲み込むまで次の食べ物を口に入れない
  • 1口30回、1食1000回を目標にする
  • 「よく噛む」を意識する

 

問い合わせ先

江北保健センター歯科保健担当

電話03-3896-4004

お問い合わせ

衛生部データヘルス推進課多世代健康データ連携担当

電話番号:03-3880-5601

ファクス:03-3880-5602

Eメール:datahealth@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?