• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 文化・芸術 > 「アートアクセスあだち音まち千住の縁」

ここから本文です。

更新日:2014年7月28日

「アートアクセスあだち音まち千住の縁」

平成24年度の足立区制80周年を契機に、足立区や東京藝術大学千住キャンパス(音楽環境創造科)、区内のまちづくりNPOとの連携のもと、地域のコミュニティ形成を目指すプロジェクトです。まちなかの担い手とともに「音」をテーマとしたプログラムを展開し、人と人、人と場所、人とアートの様々な「縁」を持続可能なものとします。 

 千住ミュージックホール 第5回 千寿桜小学校「かっぱディスコ」

定員に達したため、応募を締め切らせていただきます。
たくさんのご応募ありがとうございました。
キャンセル等で追加受付を行う場合、公式サイト(http://aaa-senju.com/musichall)にてお知らせさせていただきます。

260809SMH5

小学校のプールに特殊な水中スピーカーを使って、水の中でしか聴こえない音楽体験ができる!プールの中ではアニメソングを中心に様々な音楽が軽快に鳴り響き、プールサイドでは水鉄砲ドラムや、水の中でも使える手づくり楽器が楽しめます。ここでしか味わうことのできない体験で、夏の思い出をいっしょに作ってみませんか?

日時

平成26年8月9日[土曜日]
10時から12時(開場9時30分)

料金

大人300円、子供(中学生以下)100円
[先着100名、事前申込可能、小学生2年生以下保護者同伴]
(満3歳以上で、オムツのとれたお子様からご入場いただけます)
事前予約が定員に達しない場合のみ、当日受付を実施[実施の場合は公式サイトhttp://aaa-senju.com/musichallにて告知]

出演

いぬ、Phasma

持ち物

水着、タオル、浮き輪、水泳用キャップ、ゴーグル、シュノーケルなど

協力

ウエタックス株式会社、NPO法人千住ウェスト

会場

足立区立千寿桜小学校[足立区千住桜木1-8-15]
[アクセス]北千住駅(西口)から徒歩約15分

 千住だじゃれ音楽祭 「千住の1010人」プレ企画 子ども手づくり楽器ワークショップ

260801WS

ペットボトルを使って「湯笛」をつくってみよう!
水を使って、ドレミ…が演奏できます。
できあがったら、みんなで演奏してみよう!

音楽は、身の回りのいろいろな音を感じることから始まります。
おうちのなかにもたくさんの音があります。
身近なものが、アイデアひとつで楽器に変身。
音楽にふれ、人とふれあうことで、子どもの感性は豊かにはぐぐまれます。

演奏できるようになったら、マイ湯笛を持って
10月12日(日曜日)に開催する足立市場「千住の1010人」へ行こう!

日時

8月1日(金曜日)13時から15時
8月17日(日曜日)13時から15時

会場

学びピア21、4階エントランス(足立区千住5-13-5)
[アクセス]北千住駅(西口)から徒歩約15分

対象

3歳から小学生
※小学2年生以下の方は保護者同伴
(各回30名先着順・事前申込可能)

料金

200円

持ち物

2リットルの空ペットボトル)

【お申し込み・お問い合わせ】

[WEBフォーム]http://aaa-senju.com/contact
[お電話]03-6806-1740(13時から18時、火曜・木曜除く)
[メール]info@aaa-senju.com
件名を「子ども手づくり楽器ワークショップ」とし、代表者氏名(ふりがな)、ご連絡先(電話番号・メールアドレス)、参加希望子ども人数(年齢)、参加希望日・時間をお伝えください。
※「info@aaa-senju.com」からのメールを受信できるように設定してください。
※個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。

千住だじゃれ音楽祭「野村誠トーク&コンサート『アジアの響き』」&「野村誠のミニ音楽講座『簡単!ワクワク!音楽あそび』」

トーク&コンサート

野村誠トーク&コンサート『アジアの響き』

ピアノが奏でるアジアの響き
これまで、東南アジア各国で現地の方々とともにさまざまな活動をおこなってきた、作曲家・ピアニストの野村誠。足立区千住地域で2011年から展開している「千住だじゃれ音楽祭」の国際交流企画としても、昨年10月にインドネシアの作曲家メメット・チャイルル・スラマットを、今年3月にタイの民族音楽学者アナン・ナルコンを現地からお招きしてコンサートを行ってきました。そんな、アジアと親交の深い野村誠による「アジアの響き」をテーマとしたコンサートを開催します。自身のインドネシアやタイでの体験談とともに、東南アジアの作曲家によるピアノ曲の演奏をお楽しみいただけます。10月12日に開催される「千住の1010人」にはメメット氏、アナン氏も再度来日が予定されており、その予習編ともいえるトーク&コンサートです。

※2013年に6人のインドネシアの作曲家、1人のタイの作曲家に野村自ら行ったインタビューと共同作曲の映像・音源集ホームページ
http://asiancomposers.jimdo.com/

野村誠のミニ音楽講座『簡単!ワクワク!音楽あそび』

楽譜を使わず、気軽に音楽を楽しもう!
手拍子、リズム遊び、手づくり楽器づくりなど、楽譜が読めなくてもどんな方でも楽しく音楽を体験できる講座を開催します。講師の音楽家・野村誠はこれまで、子供達やお年寄り方とも一緒になってじっくりと丁寧に作曲活動をおこない、イスとりゲームでもブタの鳴き声でも、遊びながら曲にしてしまうような”作曲名人”です。幼児たちが夢中になる音楽あそびを書籍「音・リズム・からだ」という形でまとめたり、NHK教育で放送されていた「あいのて」の赤のあいのてさんとしても広く知られています。経験豊富なナビゲーターと、気軽に楽しく音楽してみませんか?

日時

7月13日(日曜日)
野村誠トーク&コンサート『アジアの響き』14時から15時(13時30分開場)
野村誠のミニ音楽講座『簡単!ワクワク!音楽あそび』16時から17時(15時30分開場)

会場

東京藝術大学 千住キャンパス[足立区千住1-25-1]
北千住駅(西口)から徒歩約5分

料金

無料(要申込、定員各101名)
※当日受付を実施の場合は、公式サイトにて告知

出演

野村誠

お申し込み・お問い合わせ

[WEBフォーム]http://aaa-senju.com/contact
[お電話]03-6806-1740(13時から18時、火曜、木曜除く)
[メール]info@aaa-senju.com
件名を「野村誠トーク&コンサート」もしくは「野村誠のミニ音楽講座」(両方参加を希望する場合は「野村誠トーク、音楽講座」)とし、代表者氏名(ふりがな)、ご連絡先(電話番号・メールアドレス)、参加希望人数をお伝えください。
※「info@aaa-senju.com」からのメールを受信できるように設定してください。
※個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。

千住だじゃれ音楽祭「野村誠presents 飛び入りセッションDay」

nomura_knock

だじゃれ(駄洒落)から生まれる新たな音楽「だじゃれ音楽」の可能性を探求する本プロジェクト。これまで“駄”こそが大事なんだ!とさまざまな人を飲み込みながら抱腹絶倒なコンサートを展開してきました。だじゃれ音楽祭のディレクターであり、梅津和時や田中悠美子など多様なジャンルの音楽家と共演する即興音楽家でもある野村誠が、10月に予定されている「千住の1,010人」の開催へ向けて、千住地域の老舗ライブハウス「Knock」にてジャムセッション大会を実施します!音楽のジャンルや使用楽器は問いません。音楽好きな方、だじゃれが好きな方、野村誠とのセッションを楽しんでみませんか?

日時

6月8日(日曜日)14時から17時(13時30分開場)

会場

ライブハウス「Knock」北千住
足立区千住中居町29-1 三泉ビルB1F
北千住駅(西口)から徒歩約10分

料金

セッション参加・観覧どちらも無料(要申込)
※当日受付を実施の場合は、公式サイトhttp://aaa-senju.com/にて告知

出演

野村誠

お申し込み・お問い合わせ

[WEBフォーム]http://aaa-senju.com/contact
[お電話]03-6806-1740(13時から18時、火曜・木曜除く)
[メール]info@aaa-senju.com
件名を「野村誠presents 飛び入りセッションDay」とし、代表者氏名(ふりがな)、ご連絡先(電話番号・メールアドレス)、参加希望人数、セッション・観覧のどちらをご希望かお伝えください。
※「info@aaa-senju.com」からのメールを受信できるように設定してください。
※個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。

千住だじゃれ音楽祭「集まれ!千住の1,010人」

1010nin

2011年よりさまざまなコンサートやワークショップを通して、だじゃれと音楽の関係を追求し続けてきた「千住だじゃれ音楽祭」。今年度は、「千住だじゃれ音楽祭」発足当初からの夢であった「千住の1,010人」の演奏者による演奏会を開催します。タイやインドネシアの作曲家を招聘し、創作楽器や各国の伝統楽器を用いつつ、今までの「だじゃれ音楽」のレパートリーを参照しながら、さまざまな演目を演奏します。
そして、今回その実現の第一歩として、これから1,010人のひとりとして関わっていただく方へ向けたキックオフイベント「集まれ!千住の1,010人」を開催する運びとなりました。過去の「千住だじゃれ音楽祭」の足取りを振り返ると同時に、1,010人による演奏会の可能性を探っていきます。
千住地域に関わりのある方、だじゃれが大好きな方、なんとなく「だじゃれ音楽」という言葉に魅力を感じた方、どなたでも大歓迎です。音楽経験・だじゃれ経験は一切必要ありません。「千住の1,010人」の最初のひとりになってみませんか?

日時

5月25日(日曜日)13時から15時(12時30分開場)

会場

東京藝術大学 千住キャンパス スタジオA(足立区千住1-25-1)
北千住駅西口から徒歩約5分

料金

無料(要申込)

出演

野村誠

お申し込み・お問い合わせ

[WEBフォーム]http://aaa-senju.com/contact
[お電話]03-6806-1740(13時から18時、火曜、木曜除く)
[メール]info@aaa-senju.com
件名を「集まれ!千住の1,010人」とし、代表者氏名(ふりがな)、ご連絡先(電話番号・メールアドレス)、参加希望人数をお伝えください。
※「info@aaa-senju.com」からのメールを受信できるように設定してください。
※個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。

 イミグレーション・ミュージアム・東京 参加者募集

前年度の作品制作の様子

「外国人たちには日本の街や風景がどのように見えているんだろうか」
「外国人が日本で最も慣れにくいことってなに」
などと思ったことってありませんか

「日本で暮らしてから新しい習慣や癖ができちゃった。」
「母国文化のこれだけは絶対やめられない!」
「日本(人)のこれは本当におもしろい、でも、おかしい、いや、不思議!」
といった経験ってありませんか

イミグレーション・ミュージアム・東京(略称「IMM」)は、日本に暮らす外国人の生活に根ざした異文化を紹介・共有するプロジェクトです。
現在、このプロジェクトへの参加者を募集中!
定期的にミーティングに参加して作品制作を行ったり、たまにミーティングに参加してお話をしたり、関わり方はそれぞれです。
気になる!という方はぜひ8月2日のキックオフミーティングにいらしてみてください。

日本での色々な経験と疑問などを材料に、作品が生まれるこの不思議なプロセスに参加してみませんか?
外国人が感じる小さな違和感を表現することに少しでも興味のある方、ぜひ一度いらしてみてください。

募集内容

日本人のみなさま

足立区千住にご縁や関心のある方で、自分の表現で外国人たちとつながりを作りたい、外国人たちの日本での生活が気になる、自分なりの作品を作ってみたいなどを思っている方なら、大歓迎です!(定員:4名程度)

外国人のみなさま

日本のことを日本人と話し合いたい、自分が話したことが作品になるのを見てみたい、おもしろそうだから参加したい、という気持ちの方なら誰でもOKです!

応募条件

高校生(16歳)以上
8月以降、月2回程度のミーティングに出席できる方
8月2日(土曜日)のキックオフミーティングに参加できる方

応募締切

平成26年7月31日(木曜日)まで
8月2日(土曜日)に、東京藝術大学千住キャンパスで行われるIMMキックオフミーティングにはできるだけご参加ください。

参加説明会

日時

平成26年6月20日(金曜日)18時30分から20時30分(18時開場)

会場

東京藝術大学千住キャンパス[足立区千住1-25-1]
北千住駅(西口)から徒歩約5分

料金

無料(要申込)

IMM キックオフミーティング

日時

8月2日(土曜日)13時から15時(13時30分開場)

会場

東京藝術大学 千住キャンパス

料金

無料(要申込)

 【応募方法・お問い合わせ】

[WEBフォーム]http://aaa-senju.com/contact
[お電話]03-6806-1740(13時から18時、火曜、木曜除く)
[メール]info@aaa-senju.com
件名を「IMM参加希望」もしくは「IMM説明会参加希望」とし、氏名(ふりがな)、電話番号、使用言語をお伝えください。
info@aaa-senju.com」からのメールを受信できるように設定してください。
個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。

【記録】平成25年度開催イベント

 大友良英「千住フライングオーケストラ 縁日」

空から音を降らせて、3年間旅を続けてきた千住フライングオーケストラ。今年は魚市場の足立市場で、大友良英と「縁日」をプロデュースします。所狭しと立ち並ぶどこかへんてこな屋台。やきそばもあれば見たことのない屋台まで。そしてもちろん千住フライングオーケストラによる音の出る凧も!! 懐かしくも新しい、これまでにない「縁日」をめざします。

 日時

平成26年3月21日(金曜日・祝日)
14時から19時
※雨天時は内容変更

会場

東京都中央卸売市場 足立市場[足立区千住橋戸町50]

出演

大友良英、遠藤一郎、大友良英スペシャルビッグバンドほか

千住フライングオーケストラとは

音楽家 大友良英が中心となって足立区千住地域にて展開しているプロジェクトです。公募で集まった「チーム・アンサンブルズ」のメンバーとともに、“空から音が降り注ぐ演奏会”を目指し、2011年より活動を開始しました。これまでに「音の出る凧」や「音の出る提灯」などを開発し、さまざまなアプローチを試みています。

 千住だじゃれ音楽祭レクチャー&コンサート「タイのアナンを藝大に歓迎タイ!」

昨年秋より、海外からのゲストを迎えて国際的な展開をみせている「千住だじゃれ音楽祭」。前回はインドネシアより作曲家のメメット・チャイルル・スラマット氏を迎えて多種混合の演奏会を行いましたが、今回は同じく東南アジアのタイより、民族音楽学者のアナン・ナルコン氏を招聘。タイの伝統音楽や日本の伝統音楽を織り交ぜながら、千住の地域にもはや根付いた一種の民族音楽=「だじゃれ音楽」を共に研究し、その成果を発表するコンサートを開催します。今秋の実現をめざしている「千住の1,010人」大規模演奏会に向けて、だじゃれ音楽の未だ見ぬ新しい地平をグングン切り開きます。音楽学者を交えてこれまでにない視点で奏でられる「だじゃれ音楽」をぜひ体感してください!

日時

平成26年3月16日(日曜日)
17時半開演(17時開場)

会場

東京藝術大学千住キャンパススタジオA[足立区千住1-25-1]

出演

野村誠、アナン・ナルコン、だじゃれ音楽研究会、
小川実加子/松澤佑紗/リンズィ・ドゥガン(東京藝術大学大学院 音楽研究科 邦楽専攻)ほか

 イミグレーション・ミュージアム・東京 不思議な出会い

「国の匂い」について考えたことはありますか?日本の匂いってどんな匂いでしょうか?ある韓国の留学生は、それを「畳」だと言います。
さまざまなイメージの背景には、その人なりのエピソードがあります。そんな個人個人の経験から得た物語から、市民たちが作品をつくるイミグレーション・ミュージアム・東京。
今回参加する人々は、大学生、会社員、ダンサーなど顔ぶれも多様。東京に暮らす外国人へのリサーチとミーティングを何度も行い、写真、映像などの作品を展示します。

日時

平成26年2月15日(土曜日)から2月23日(日曜日)
13時から19時

会場

日の出町団地スタジオ[足立区日ノ出町27日の出町団地1号棟103]

出演

上本竜平+カタノワカテリナ、井出友実+鶴巻俊治+伴優香子、岡野勇仁+佐藤友梨+宮本一行

料金

無料

 「千住フライングオーケストラ 縁日」出店者大募集

空から音を降らせて、3年間旅を続けてきた千住フライングオーケストラ。
今年は魚市場の足立市場で、大友良英と「縁日」をプロデュースします。

所狭しと立ち並ぶどこかへんてこな屋台。やきそばもあれば見たことのない屋台まで。そしてもちろん千住フライングオーケストラによる音の出る凧も!!
懐かしくも新しい、これまでにない「縁日」をめざします。
この縁日を盛りたててくれる人を募集します。

日時

平成26年3月21日(金曜、祝日)
14時から19時※雨天時は内容変更

会場

東京都中央卸売市場足立市場[足立区千住橋戸町50]

出演

大友良英、遠藤一郎、大友良英スペシャルビッグバンドほか

  千住ミュージックホール第3回サンローゼ「魅惑の駅前歌謡ショー」

東京屈指のターミナル、北千住駅の東口を出て徒歩たったの五十歩。
千住の街を濃縮したかのような昭和の雰囲気漂うマンモス喫茶室「サンローゼ」が、千住ミュージックホール第三回の会場です。

その、古き良き趣のある空間を活かし、今回は「歌謡ショー」と題して歌とトークのイベントを行います。
歌とリズムが一体となって繰り広げられる魅惑のパーカッション・バンド「ハッピータブラボンゴ会社」。彼らとともに出演する音楽家・ASA-CHANGは、昨年「音まち千住の縁」で、「ASA-CHANG&音まち子どもパラダイスオーケストラ」を結成し、あだち区民まつりA-Festa2012のステージでたくさんの未就学児を指揮しました。
そして、著書『東京右半分』の中でも足立区のエネルギッシュなスポットをたくさん取り上げている編集者/写真家の都築響一による千住を再発掘するトークショーも開催。
さらには、昨年「ミュージサーカス」にも参加した足立区在住の演歌歌手みどり◯みきが”音まち”に帰ってくる!

この街の喜怒哀楽をまるごと体感できちゃう、座ってゆっくり楽しめる「魅惑の駅前歌謡ショー」、まもなく開演です!

日時

平成26年2月2日(日曜日)19時から21時(開場18時30分)

会場

喫茶室サンローゼ(千住旭町3-5)
北千住駅(東口)から徒歩約1分

料金

1,000円(1ドリンク付き、要申込み、先着50名)

出演

ASA-CHANG+ハッピータブラボンゴ会社、都築響一、みどり◯みき 

第2回音まちトーク「のらづくりプロジェクト」&千住ミュージックホール番外編「歌声★浴場」

ゲストとともに毎回さまざまなテーマで語り合う「音まちトーク」、第2回のテーマは「持ち込む」です。
近年、日本全国で参加型のアートプロジェクトやフェスティバルが開催されています。
まちなかで行われるアートプロジェクトでは、すでに完成した作品を美術館やホールで鑑賞するのとは異なり、市民が作品のプロセスに関わることによって、参加者とまちに新たな関係性を生み出しています。
では、こうしたアートやアートプロジェクトのような「出来事」をまちに持ち込むアーティストやそのつなぎ手は、参加者と地域との間にどのような関係性を築きたい、あるいは築くことができるのでしょうか。

今回のスピーカーは、美術家の中崎透さん(のら)と、まちとアートのつなぎ手として活動する遠田節さん(まちの人)。両方の立場からまちとアートの関係について、参加者のみなさんと考えたいと思います。
風情溢れる日本庭園が見られる千住の銭湯タカラ湯でゆったりと語ります。
またトークの後、男女それぞれの脱衣所で千住ミュージックホール番外編としてライブも行います!盛りだくさんの1日になっていますので、ぜひ、トークとともに、お楽しみいただければと思います。
広い湯船に浸かりながら、音楽を聴ける至極の空間をお楽しみください。

第2回音まちトーク「のらづくりプロジェクト」

日時

平成25年11月30日(土曜日)12時30分から14時30分(開場12時15分)

会場

タカラ湯(足立区千住元町27-1)

アクセス:北千住駅(西口)から徒歩約20分
アクセス:千住桜木(バス停)徒歩約6分
アクセス:都バス:王45系統(王子駅行)端44系統(駒込病院行)
アクセス:東武バス北1―5系統(西新井大師・西新井駅行)

スピーカー・聞き手

中崎透(美術家・Nadegata Instant Party)、遠田節(足立区生涯学習振興公社)
聞き手:神谷知里(アートアクセスあだち音まち千住の縁)

料金

1,000円(入浴券付、要申込)

※同日開催されるライブと音まち関連事業「千住ヤッチャイ大学」のイベントにも参加できます。
[知的書評合戦ビブリオバトル音楽解脱合戦ミュージックソムリエ]

 

千住ミュージックホール番外編ライブ「歌声★浴場」

日時

平成25年11月30日(土曜日)14時45分から15時45分

出演

【男湯】東京縄文ボーイズ[チャーリー高橋(ギター、うた)/岡野勇仁(鍵盤ハーモニカ、うた)
小日山拓也(ウクレレ、自作楽器、うた他)]【女湯】emiko voice(vocal)/池田絢子(tabla)/森本ミホ(percussion)

料金

 無料(要入浴券)

※15時からは通常営業中の銭湯内での催しとなります。一般のお客様の迷惑にならないよう、和気あいあいとお楽しみください。
※当日、混雑具合により、入場制限をする場合があります。あらかじめご了承ください。

 千住フライングオーケストラの公開リハーサル

「千住フライングオーケストラ」は平成26年3月21日(金曜日・祝日)に東京都中央卸売市場足立市場にて一大イベントを開催します。その実現に向けて、単なる演奏に止まらず、音の出る凧の開発や空から音が降ってくる新たな仕掛けを考え、足立市場をどう面白く使うかという空間デザインを共に開発していってくれる新たな楽団員を募集します!千住フライングオーケストラは普段どんなことをしているのか?どんな人がいるのか?これまでの活動を振り返りつつ、大友良英がこの日、新たな構想を発表します!
また、実際に足立市場へ足を運び、音の出る凧や提灯のデモンストレーションを行います。“空から音が降り注ぐ演奏会”を実現するためのアイデアや手法をお持ちの方は、ぜひ参加ください。実際に試していただくこともできます。

日時

平成25年11月3日(日曜日・祝日)13時から17時(12時30分開場)

会場

トーク東京藝術大学千住キャンパス第7ホール(足立区千住1-25-1)
デモンストレーション東京都中央卸売市場足立市場
※千住キャンパスから移動

費用

無料(要申込・先着50名)

出演

大友良英

 千住だじゃれ音楽祭レクチャー&コンサート「メメットを藝大に歓迎だい!」

「頑張る」「あらま」「アカン」「イカン」「オタク」、これらの日本語には、共通点があります。実は、これらの言葉、インドネシア語ではまったく別の意味を持っているのです。3月に第一回定期演奏会を開催し、大盛況に大団縁を迎えた千住だじゃれ音楽祭。この秋からは、ガラリと趣向を変えてお送りします!日本語に似ていると言われるインドネシア語との関係を深く探り、だじゃれの作法や技法を今一度見つめ直し、ガムランや邦楽の要素を取り入れながら「だじゃれ音楽」をさらに前進させます。そのために、インドネシアの作曲家、メメット・チャイルル・スラマット氏をジョグジャカルタから招聘。野村×メメットの創り出す、日本とインドネシアの言語や音楽が飛び交う新たな「だじゃれ音楽」の形を、ぜひ体感してください!

日時

11月10日(日曜日)17時30分(開場17時)

場所

東京藝術大学千住キャンパス(足立区千住1-25-1)
スタジオA

費用

無料(要申込、先着100名)

出演

野村誠、メメット・チャイルル・スラマット、だじゃれ音楽研究会ほか

 千住ミュージックホール第2回ADACHI HIPHOP PROJECT RETURNS!

デザインやアート、音楽などさまざまなフィールドで活躍するアーティスト、スプツニ子!が、 昨年自ら足立区在住のヒップホップ・クルーと作り上げた「ADACHI HIPHOP PROJECT」のライブのために、 再び千住に帰ってきます。今回の舞台となるのは、数多くのチャンピオンを輩出してきた「野口ボクシングジム」。さらにHIPHOPの枠に留まらず、音楽を軸に横断的フィールド感覚で活動を行う環ROYが、スペシャル・パフォーマンスを実施。さまざまな領域を交差させることによって、新たな可能性を提示するライブを開催いたします。

日程

平成25年12月15日(日曜日)18時開演(17時30分開場)

会場

野口ボクシングジム
足立区千住龍田町13-2
北千住駅(西口)から徒歩約10分

料金

(一般)1,500円

(学生)1,000円

出演

ADACHI HIPHOP PROJECT(COPPU、黄猿、Glasses formad、NES、問題児、Dub-T、Ruta、TKS、
Osurek Bertop、chopper)
ゲスト:スプツニ子!
スペシャル・パフォーマンス:環ROY(BOXING SESSION)

 千住ミュージックホール第1回Knock「純★音楽会」

“ギター1本で総ての音を表現する”を信条にギターと対峙する遠藤賢司と、二人合わせて約100歳のDuoユニット「チャーリー・ウィリアムス」、気鋭の若手美術家・遠藤一郎の初公開となるバンドのライブ公演を開催いたします。平成19年に還暦を迎えるも、その創作意欲はなおも燃え続ける純音楽家の遠藤賢司。雅楽、声明などの古謡や、中国、モンゴル民謡から、日本的なオリジナル曲まで、さまざまなタイプのウタをチャーリー高橋が作曲・編曲し、それを千の声を持つボイスパフォーマー徳久ウィリアムが歌う「チャーリー・ウィリアムス」。そして森美術館や水戸芸術館、六本木アートナイトなどで展示やパフォーマンスを行ってきた遠藤一郎が、ロックバンドを結成。初公開となるバンドスタイルのパフォーマンスを行います。史上初の組み合わせにより開催される、北千住の「純★音楽会」。

日程

平成25年11月15日(金曜日)20時開演(19時30分開場)

会場

ライブハウス「Knock」北千住
足立区千住中居町29-1三泉ビルB1F
北千住駅(西口)から徒歩約10分

料金

3,000円(1ドリンク付、要申込)

出演

遠藤賢司、チャーリー・ウィリアムス+川村亘平齋(影絵)、遠藤一郎GROUP

 「イミグレーション・ミュージアム・東京不思議な出会い」キックオフミーティング

日本に暮らす外国人の生活に根ざした異文化を紹介・共有するプロジェクト「イミグレーション・ミュージアム・東京(略称「IMM」)」。今年度、千住を舞台に展開します。そのスタートとして、10月3日に公開ミーティングを開催!
現在、このプロジェクトへの参加メンバーも募集中です。外国人が語る日本での色々な経験や疑問などを材料に、作品が生まれるこの不思議なプロセスに参加してみませんか?

日時

10月3日(木曜日)18時30分(開場18時)

場所

東京藝術大学千住キャンパス(足立区千住1-25-1)

費用

無料(要申込)

企画・監修

岩井成昭
美術家/イミグレーション・ミュージアム・主宰。
1990年より国内および欧州、豪州、東南アジアの特定コミュニティの調査をもとに、映像、音響、テキストなどを複合的に使用した視覚表現を展開。近年はあらゆる世代を対象にしたワークショップや、多文化研究活動を並行して実施している。2010年から「イミグレーション・ミュージアム・東京」構想を進行中。

申込方法

【募集概要や応募方法など詳細はこちら】
https://www.facebook.com/events/1411611465724785/(外部サイトへリンク)

 大巻伸嗣「MemorialRebirth千住2013常東」

大巻伸嗣(現代美術家)の作品「MemorialRebirth」は、無数のシャボン玉によって、見慣れたまちの風景を一瞬にして光の風景へと変貌させます。
3年目となる今年は、千寿常東小学校を舞台に初めて夜にも開催します。
シャボン玉と盆踊りを融合させた昨年の「しゃボンおどり」に、新たにまちの記憶を織り込んだ歌詞を加えます。校庭一面に映し出される映像やシャボン玉に包まれる幻想的な空間の中で、歌い踊り、出会いを生み出す、「記憶」に刻まれるひと時をお楽しみください。

日時

10月19日(土曜日)第一部16時から、第二部19時から(各回30分程度)

場所

足立区立千寿常東小学校校庭(足立区千住旭町10-31)

費用

無料(申込無料)

 大巻伸嗣「MemorialRebirth千住2013常東」映像作りワークショップ参加者募集!

今年の「MemorialRebirth」では、初の試みとして、大型プロジェクターで夜の校舎や校庭一面に大きく映像を映し出します。その素材をみんなで集める連続ワークショップを開催します。“私の千住”をテーマに、参加者のみなさんと千住のまちを歩き、写真を撮ります。それを持ち寄ってひとつの映像(スライドショー)を作り上げます。

日時

9月28日(土曜日)、9月29日(日曜日)各日14時から16時(集合は10分前)

雨天決行/1日目(28日)のみ荒天順延(順延の場合は29日に撮影、編集を実施)

順延の場合は9月28日(土曜日)12時までに音まち公式ウェブサイトhttp://aaa-senju.com/にてお知らせいたします。

場所

東京電機大学東京千住キャンパス1号館前(東京都足立区千住旭町5)

内容

1日目(28日)まちへ出て写真撮影

2日目(29日)撮影した写真の編集

料金

無料(要申込)

定員

25名(先着順)

講師

東京電機大学未来科学部ロボット・メカトロニクス学科学生スタッフ

参加条件

小学生以上の方(小学校低学年のお子様は保護者と一緒にご参加ください)
2日間通しでご参加いただける方
※写真経験不問

持ち物

飲み物

帽子等の日よけ

雨具

デジタルカメラ(スマートフォンでも可)※お持ちでない方には貸し出します

動きやすい服装、靴でお越しください

 未来楽器図書館

柳原の一角にある、音まち千住の縁のまちなか活動拠点「音う風屋」で、誰でも気軽に楽しめる体験型の展示を行います。展示作品は、音楽家やアーティストによって制作された「未来の楽器」。来場者が実際に触って音を楽しむことができます。

日程

10月12日(土曜日)から12月8日(日曜日)13時から19時(会期中の土曜日、日曜日、祝日のみ開場)

場所

音う風屋(足立区柳原2-20-9)

料金

無料(申込不要)

24年度実施イベント

24年度実施イベント(PDF:36KB)

東京アートポイント計画とは

東京アートポイント計画は、地域・市民が参画するアートプロジェクトを通じて東京の多様な魅力を創造・発信することを目指し、「東京文化発信プロジェクト」の一環として東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団が展開している事業です。
http://www.bh-project.jp/

 主催

東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学音楽学部、特定非営利活動法人音まち計画、足立区

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

広報室シティプロモーション課プロモーション係

電話番号:03-3880-5803

ファクス:03-3880-5610

Eメール:city-pro@city.adachi.tokyo.jp

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?