• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 文化・芸術 > 「アートアクセスあだち音まち千住の縁」

ここから本文です。

更新日:2016年9月12日

「アートアクセスあだち音まち千住の縁」

平成24年度の足立区制80周年を契機に、足立区や東京藝術大学千住キャンパス(音楽環境創造科)、区内のまちづくりNPOとの連携のもと、地域のコミュニティ形成を目指すプロジェクトです。まちなかの担い手とともに「音」をテーマとしたプログラムを展開し、人と人、人と場所、人とアートの様々な「縁」を持続可能なものとします。

野村誠「千住だじゃれ音楽祭」


大巻伸嗣「Memorial Rebirth 千住」
大巻伸嗣「くろい家」

イミグレーション・ミュージアム・東京

千住・縁レジデンス
アサダワタル「千住タウンレーベル」

 アサダワタル「千住タウンレーベル」

千住タウンレーベルイメージイラスト

千住で生活してきた市井の人々の人生譚(記憶)、千住のまちならでは風景や人間模様にまつわるエピソード、千住に根づき息づく音楽など、これらすべてをテキスト(文字)だけではなく、「音楽」として編集し、まちなかの拠点を編集室(スタジオ)として、発信・アーカイブしていくプロジェクトです。

このまちにしか存在しない、まちの情報サロンのような「タウンレーベル」という「音楽×日常」の新しくもヘンテコなあり方を追求するこのプロジェクトでは、メディア『音盤千住』(仮称)を定期的にリリース。リリースに向けて、一緒に活動してくれるメンバーも募集します。まちなかでネタを集めるレポーターとして、あるいは楽曲制作や伴奏をする専属ミュージシャンとしてなど、さまざまな参加をお待ちしています。

※10月末に参加者説明会の実施を予定しております。
※詳しくは後日webで発表します。
※内容は変更になる場合があります。

 大巻電機 K.K presents「ふわり◎シャボン玉@チェリーフェスタ」

桜堤プレ

千住公園のお祭りに出張した夏のプレ企画に続き、第2弾を開催!

第6回チェリーフェスタのイベント内で行います。今回はさらに、「しゃボンおどり」や音楽隊も加わって、より本番に近いかたちで開催します。また、しゃボンおどりを覚えたり、イベントを盛り上げるアクセサリーをつくるワークショップも同日に開催します。

日時

平成28年9月24日(土曜)※小雨決行/荒天中止
12時から13時 しゃボンおどりワークショップ(11時50 分受付開始)
14時から14時30分 ふわり◎シャボン玉
(チェリーフェスタは10時から)

会場

千寿桜堤中学校(柳原2-49−1)
アクセス:北千住駅 [東口] より徒歩約15分

料金

無料(事前予約不要)

出演

くるくるチャーミー (富塚絵美、松岡美弥子)、音まちビックバンド、 足立区立千寿桜堤中学校吹奏楽部ほか

大巻電機 K.K [おおまきでんき けーけー]

「Memorial Rebirth」(通称:メモリバ)の運営を担う市民チーム。2014年より活動する。千住の小学校の現役PTAやOBのお父さんたちと、東京電機大学の学生を主として構成される。シャボン玉マシンの保守・管理に携わりながら、千住のまちに新たな人の輪をつくるべく活動中。

しゃボンおどりワークショップ「おどりを覚えて、アクセをつくろう!」

1.しゃボンおどりを覚えよう!
「しゃボンおどり」は、メモリバのオリジナル盆踊り。振り付け、音楽、歌詞は、全て千住で生まれました。振りはとっても簡単!歌に合わせて踊ってみよう!

2.アクセをつくって着飾ろう!
おどりを覚えたら、千住の反物をつかってイベントを盛り上げるアクセをつくろう!つくったアクセを身につけて、たくさんのシャボン玉に囲まれながら「しゃボンおどり」を踊ってみよう!

会場:千寿桜堤中学校体育館
料金:無料
対象:どなたでも参加可能※小学生低学年以下のお子様は、保護者の方と一緒にご参加ください。
定員:20名程度(当日先着順で受付)

ふわり◎シャボン玉「しゃボン玉と歌と一緒に踊ろう!」

1分間に約1万個のシャボン玉をつくるマシンが登場!シャボン玉をつかって景色を一変させるアートです。たくさんのシャボン玉がふわふわ舞うなかで「しゃボンおどり」に参加しよう!
千寿桜堤中学校の吹奏楽部も演奏に参加します。ワークショップに参加していない方も大歓迎!一緒に歌を口ずさんだり、ぜひいろいろな楽しみ方を探してみてください。

会場:千寿桜堤中学校校庭
料金:無料(直接校庭にお越し下さい)
協力:足立区立千寿桜堤中学校PTA、開かれた学校づくり協議会

 しゃボンおどり盛り上げ隊大募集

市場

一緒にしゃボンおどりを盛り上げてくれる「しゃボンおどり盛り上げ隊」大募集!

「しゃボンおどり」は、メモリバのオリジナル盆踊り。振り付けも音楽も、歌詞も、千住で生まれました。たくさんのシャボン玉に囲まれ、歌と一緒に踊ります。

そんなしゃボンおどりをマスターして、メモリバを盛り上げてくれるメンバーを大募集!

事前の練習に参加して、メモリバ当日はお客さんのお手本になる「踊り手モデル」や、お客さんを踊りの輪へ促す「促し隊」となって、一緒に盛り上げよう!
経験不問。どなたでもお越しください!

募集概要

募集人数:20名程度(先着順で受付)※定員に達し次第締切
対象:足立区千住地域での活動に参加できる方。※18歳未満の方は、保護者の同意が必要です。
料金:無料
参加条件:10月9日(日曜)の本番日とその他1日以上の練習やプレ企画、リハーサルなどに参加できる方

こんな方にオススメ!
千住のまちが好き!/職場でも学校でもない場所で活動してみたい!/浴衣を着てイベントに参加したい!/シャボン玉の風景を人一倍楽しみたい!/しゃボンおどりを覚えたい!/衣装づくりに参加したい!/ダンスが苦手でも大丈夫!/こどもと一緒に参加したい!/まちづくりに興味がある!

活動スケジュール

練習日

日時:平成28年9月11日(日曜)13時30分から15時30分
会場:生涯学習センター[学びピア21]7階(千住5-13−5)
アクセス:北千住駅西口より徒歩15分
内容:踊り練習、衣装づくりワークショップ

日時:平成28年9月18日(日曜)13時30分から※終了時間未定
会場:調整中
内容:踊り練習、衣装づくりワークショップ

日程によって、活動場所が異なるため詳細は、メールにてお知らせさせていただきます。
※活動の内容は変更になる場合があります。

プレ企画vol.2「ふわり◎シャボン玉@チェリーフェスタ」

日時:平成28年9月24日(土曜)13時30分から※終了時間未定
会場:千寿桜堤中学校(柳原2-49−1)
アクセス:北千住駅東口より徒歩約15分

リハーサル

日時:平成28年10月8日(土曜)※時間場所調整中
内容:楽器隊と一緒にリハーサル

イベント当日

日時:平成28年10月9日(日曜)
会場:千寿青葉中学校(千住宮元町27¬6)
内容:来場者のお手本になってしゃボンおどりを踊ろう

【お申し込み・お問い合わせ】
参加随時受付中!申込は各活動日の2日前までに下記いずれかの方法でお申し込みください。
[WEBフォーム]http://aaa-senju.com/contact
[お電話]03-6806-1740(13時から18時、火曜・木曜除く)
[メール]info@aaa-senju.com
件名を「しゃボンおどり盛り上げ隊参加」とし、お名前(ふりがな)、住所、参加する日程、当日連絡のつく電話番号をご記入ください。
※「info@aaa-senju.com」からのメールを受信できるように設定してください。※個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。

 フィリピンからの、ひとりひとり マキララ−知り、会い、踊る−

フィリピンイメージ

足立区は東京23区の中でフィリピン人の在住率が最も高い地域です。国民の90%以上がカトリック信者だと言われるフィリピン。足立区にある教会には毎週末100名以上のフィリピン人が集まります。

2013年から音まち千住の縁では、日本に暮らす外国人の生活に根ざした異文化を紹介、共有するプロジェクトを展開、2014年からはフィリピンコミュニティーの人々と関係を築いてきました。
今年度、演出家・阿部初美が教会に通うフィリピーノにインタビューを実施。フィリピンでの暮らしから、日本への移住、そして日本で経験した仕事や結婚、子育て、ご近所付き合い。語られたのはそれぞれ異なる人生のストーリー。しかし、その端々に浮かび上がるのは、フィリピンの文化の存在です。日本での日常生活のさまざまな場面において、文化の違いは時に強みを、時に葛藤を生み出します。彼らは2つの国の文化とどのように向き合いながら、日本での暮らしを築いているのでしょうか。

今年度のプロジェクト「マキララ」は、インタビューの内容を基に構成した「知る」、「会う」、「踊る」の3つのプログラムから成ります。「知る」では、インタビューやリサーチをベースにした映像作品の展示、「会う」は、阿部がファシリテートするワークショップ、「踊る」はフィリピーノの方たちの楽しみ方、誰でもあたたかく受け入れる形からインスピレーションを受けたパーティーを開催します。

タイトルの「マキララ」はフィリピンの言葉で「知り合う」。ぜひ、彼や彼女、ひとりひとりと知り合ってみませんか。

阿部初美写真

阿部初美(あべはつみ)
演出家。にしすがもレジデントアーティストとして東京国際芸術祭を中心に、ドキュメンタリー的作品『4.48サイコシス』『アトミック・サバイバー』などを発表。東京藝術大学、地域創造リージョナルシアター事業、全国の公共劇場などで講師を務める。2010年に出産後は子育てをしながら舞台にとどまらない表現を探求しつつ活動中。

「知る」−映像展示

カトリック梅田教会に集まるフィリピーノたちへのインタビューをベースに制作した映像。個人が語るそれぞれのライフストーリーの奥に、生きる工夫と葛藤、そして、わたしたちを出会わせた歴史の大きな流れが垣間見えます。

日時

平成28年9月10日から19日(土曜、日曜、月曜のみ)
10時から17時

会場

仲町の家(千住仲町29-1)
北千住駅[西口]より徒歩約10分

料金

無料

「会う」−ワークショップ:なにが気になる?

展示会場の中で、ワークショップをします。日本人、フィリピン人、そのほか出身問わず、どなたでも参加できます。展示映像を見て感じたこと、普段から耳にしていること、一緒に考えたいこと。言葉になることも、言葉にならないことも、ゆるやかにシェアする時間。

ファシリテーター:阿部初美
※英語通訳あり

日時

平成28年9月11日(日曜)、18日(日曜)
17時から19時

会場

仲町の家(千住仲町29-1)
北千住駅[西口]より徒歩約10分

料金

無料

定員

各回15名(事前申込優先)

「踊る」−パーティー:フィリパピポ!!

フィリピーノたちはパーティーが大得意!音楽、食べ物、飾りつけ、そして誰でも包み込んでしまうホスピタリティ。至るところに散りばめられた、楽しむためのエッセンスからインスピレーションを得て、マキララ流パーティーをつくり上げます。フィリピン料理を食べて、写真を撮ったり、歌ったり。ポーズを取ればいつでもシャッターチャンスに。誰でも参加大歓迎です!

日時

平成28年9月17日(土曜)
18時から20時(会場17時30分)

会場

東京藝術大学千住キャンパス 第7ホール(千住1-25-1)
北千住駅[西口]より徒歩約5分

料金

入場無料※フード、ドリンクは有料

※内容は変更になる場合があります。

お申し込み・お問い合わせ

[WEBフォーム]http://aaa-senju.com/contact
[お電話]03-6806-1740(13時から18時、火曜・木曜除く)
[メール]info@aaa-senju.com
件名を「IMMワークショップ」または「IMMパーティー」とし、 氏名(ふりがな)、年齢、 性別、ご連絡先(電話番号・メールアドレス)をお伝えください。
※「info@aaa-senju.com」からのメールを受信できるように設定してください。
※個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。 ]
※プログラム内容は変更になる場合があります。

 IMM「銭湯哀歌(エレジー)、人情屋台、消えゆく昭和―ケント・ダールが歩いた千住―」

解体中の銭湯の写真

デンマーク出身・千住在住のジャーナリスト、ケント・ダールが1990年から2000年代に撮りためた、銭湯や煙突、街角の商店、賑わう呑み屋など膨大な数の千住の写真を展示します。「一つの足は過去、もう一つの足は将来にむかっている」というケントさんの言葉のように、時代のはざまにある千住のまち。ファインダーから覗いた当時の風景と、少しずつ変化している現在の風景も見比べながら、過去、現在、未来と時空を旅するような9日間です。会期中は、古民家での写真展のほか、屋台形式の移動写真展など、様々な手法を用いてプログラムを展開します。

監修:岩井成昭(美術家、秋田公立美術大学教授、東京藝術大学非常勤講師)
写真:ケント・ダール(ジャーナリスト)

ケント写真

ケント・ダール
デンマーク、コペンハーゲン生まれ。1980年初来日時、千住を訪れ、1986年より千住在住。現在はジャーナリストとして、日本を拠点に、アジアの記事をデンマークに向けて発信している。

写真展 本展

日時

平成28年10月1日から17日(土曜、日曜、月曜のみ)10時00分から17時00分

会場

仲町の家(千住仲町29-1)
北千住駅[西口]より徒歩約10分

料金

無料

トーク

10月2日(日曜)
トークゲスト:住友文彦(アーツ前橋館長、東京藝術大学准教授)
※時間、その他のトーク及び詳細は、後日webで紹介します。

写真屋台

本展会期中のうち3日間、千住のまちで写真を載せた屋台を引きます。地域の人々が気軽に見ることのできる、昔懐かしい屋台形式の「移動写真展」です。

日時

平成28年10月2日(日曜)、9日(日曜)、15日(土曜)
※時間、ルートはweb上でお知らせします。雨天の場合など、当日のスケジュールは、音まちの各SNSでご確認ください。
・facebook: https://www.facebook.com/otomachi.senju
・twitter: https://twitter.com/aaa_senju

レトロ撮影会

昭和レトロな千住で、まちを歩きながらタイムスリップをするように参加型撮影会をします。スナップを希望される方のスマホを活用して、カメラスタッフが撮影を行い、「インスタグラム」で共有。写真展示されているひと昔前の千住を追体験しませんか。
会場:屋台の通過ルート上
料金:無料
※詳細は、後日webで発表します。

ここでも展示!!

地元で長く親しまれている北千住駅前の大型喫茶店内と、旅を楽しむ多くの外国人旅行者でにぎわうホステルで、本展出展写真の一部を展示します。

喫茶店サンローゼ

日時:平成28年10月1日(土曜)から10月17日(月曜)
営業時間中常設(月曜から木曜8時から21時30分、金曜、土曜、日曜8時から22時30分)
会場:サンローゼ(千住旭町3-5)
北千住駅[東口]駅前すぐ

エンブレムホステル西新井

日時:平成28年10月1日(土曜)から10月17日(月曜)
営業時間中常設(カフェ11時30から23時)
会場:エンブレムホステル(梅島3-33-6)
http://emblemhostel.com/
東武スカイツリーライン 西新井駅[東口]徒歩1分

 友政麻理子「自主映画制作プロジェクト」参加者募集!

昨年度の撮影風景

だれでもできる映画制作
千住でしかできない映画づくりにチャレンジしてみませんか?

美術家友政麻理子がまちの人たちと一緒に作り上げる自主映画制作を今年も実施します。今回、その映画を一緒に制作してくださる方々を大募集!参加者募集にあたり、アーティスト本人による説明会を開催します。映画監督としてメガホンをとってみたい方、シナリオを書いてみたい方、カメラマンになってみたい方、照明や音響に興味のある方、映画制作に憧れていた方、映画に映ってみたい方、みんなで映画を手づくりしてみたい方、ロケ弁をつくりたい方、千住のまちや人に興味のある方、友政さんの話を聞いてみたい方も大歓迎です。もちろん、経験は問いません。まずはお気軽に、説明会にお越しください。

参加者募集説明会

日時

平成28年8月27日(土曜)14時から15時30分(13時40分受付開始。終了後交流会予定)

会場

東京藝術大学千住キャンパス 1階 第1講義室(千住1-25-1)
アクセス:北千住駅[西口]より徒歩約5分

定員

20名程度(事前申込優先)

料金

無料

※当日は、作品の一環として説明会の様子を撮影します。予めご了承ください。

映画制作メンバー募集概要

募集人数

20名程度(先着順で受付)

対象

足立区千住地域での活動に参加できる方。
映画づくりの経験は問いません。
※18歳未満の方は、保護者の同意が必要です。

参加費

無料

活動期間

平成28年8月下旬から平成29年2月(予定)
※制作した映画の上映時期は2月頃を予定

お申し込み・お問い合わせ

[WEBフォーム]http://aaa-senju.com/contact
[お電話]03-6806-1740(13時から18時、火曜・木曜除く)
[メール]info@aaa-senju.com
件名を「8月27日説明会参加」または「映画プロジェクト参加」とし、氏名(ふりがな)、当日連絡のつく電話番号をご記入ください。
※「info@aaa-senju.com」からのメールを受信できるように設定してください。
※個人情報は厳重に管理し、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。
※内容は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

 大巻伸嗣「Memorial Rebirth 千住 2016 青葉」開催決定!!!

本番

「メモリバ」の愛称で親しまれる大巻伸嗣「MemorialRebirth(メモリアル リバース)千住」を、今年も開催します!

今年は、初めて中学校を舞台に開催。在校生は2011年度の「Memorial Rebirth 千住いろは通り」を経験した生徒たち。成長した彼らと、進化し続けてきたメモリバ。ふたつが合わさって、シャボン玉の光と、音と、踊りが、会場を儚く彩ります。乞うご期待!

日時

平成28年10月9日(日曜)※小雨決行
昼の部15時から/夜の部18時から(各回30分程度)

会場

千寿青葉中学校(千住宮元町27­-6)
アクセス:北千住駅[西口]より徒歩約15分

料金

無料(申込不要)

※内容は変更になる場合があります。

大巻伸嗣「Memorial Rebirth 千住」

現代美術家の大巻伸嗣による「Memorial Rebirth」(通称:メモリバ)は、無数のシャボン玉で見慣れた景色を変貌させ、記憶を呼び起こし、新たな記憶を創り上げるアートパフォーマンス作品です。これまで国内外のさまざまな場所で展開されてきましたが、千住では、2011年から商店街や小学校、魚市場を舞台に、千住のまちからまちへ、リレーのバトンのように受け渡されながら参加者の輪を広げ、さまざまな縁をつないできました。

2011-13年度:http://aaa-senju.com/2013/ohmaki
・2014年度:http://aaa-senju.com/2014/ohmaki
・2015年度:http://aaa-senju.com/2015/p/8265

 展示再開 大巻伸嗣「くろい家」

展示再開くろい家メインビジュアル

好評につき、展示を再開いたします。

千住の空き家がアートに変わる。
時の影が、ゆれる
下町の喧噪を抜けると、突如現れる「くろい家」。築50年を超える異様な佇いで、かつては鉄工所、居酒屋、釣堀だったとか。時間が止まったままのこの空間で、アーティストの大巻伸嗣が時の影をゆらします。かすかに気配が動くのは、忘却から蘇る時なのか、それとも異次元の時間なのか。

千住では、《Memorial Rebirth》で毎年無数のシャボン玉を飛ばしてカラフルな空間を提示している大巻ですが、今回の作品で、ゆっくりと現れる孤独な光の玉はモノトーン。その中には、ゆらぐ影が隠れていて…。
市原の《おおきな家》、越後妻有の《影向の家》などで発表された神秘的な世界が、千住ではどのような展開をみせるのでしょうか。

内容は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

日時

平成28年4月2日(土曜)から5月8日(日曜)10時から17時
※土曜、日曜、月曜、祝日のみ開催

会場

くろい家(東京都足立区千住仲町29-4)
北千住駅(西口)から徒歩約10分
※駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

料金

無料(混雑状況によって、入場をお待ちいただく場合がございます)

ゲストキュレーター

難波祐子

過去の実施イベント

24年度実施イベント(PDF:36KB)

25年度実施イベント(PDF:191KB)

26年度実施イベント(PDF:232KB)

27年度実施イベント

東京アートポイント計画とは

東京アートポイント計画は、地域・市民が参画するアートプロジェクトを通じて東京の多様な魅力を創造・発信することを目指し、「アーツカウンシル東京」の一環として東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団が展開している事業です。
https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/
主催

東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学音楽学部、特定非営利活動法人音まち計画、足立区

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

広報室シティプロモーション課プロモーション係

電話番号:03-3880-5803

ファクス:03-3880-5610

Eメール:city-pro@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?