• 子育てに役立つ情報を集めました
  • シニアに役立つ情報を集めました
  • 足立の魅力BOX

ホーム > 地域文化活動 > 文化・芸術 > 足立区文化芸術振興基本条例

ここから本文です。

更新日:2011年4月1日

足立区文化芸術振興基本条例

足立区文化芸術振興基本条例

【足立区文化芸術振興基本条例について】

国における文化芸術振興基本法の制定、並びに足立区文化芸術劇場の建設などを契機に、区議会をはじめ区民の皆様や関係団体から文化芸術振興の基本的施策の策定が必要であるとの意見があり、平成15年11月に第11期社会教育委員会議に「足立区における文化芸術振興のための基本的施策の策定」を諮問。平成17年1月の中間答申を経て、「足立区文化芸術振興基本条例」が制定・施行されました。

【足立区文化芸術振興基本条例】

足立区文化芸術振興基本条例は、区と区民の文化振興に関わる基本理念、区の責務、区民等の期待を明らかにするとともに、文化振興施策を総合的かつ計画的に推進し、文化の潤いある心豊かな区民生活の実現と活力ある地域社会の形成に努めます。

【足立区文化芸術振興基本条例の概要】

基本理念

  • 文化芸術活動の振興に当たっては、区民一人ひとりが文化芸術活動の担い手であることえを踏まえ、文化芸術活動を行う区民等の自主性及び創造性が尊重されなければならない。
  • 文化芸術活動の振興に当たっては、文化芸術の鑑賞又は創造活動を通して区民の誰もが文化芸術を享受することのできる権利の実現が図られなければならない。
  • 文化芸術活動の振興に当たっては、表現の自由が保障され、多様な文化芸術活動の保護及び発展が図られなければならない。
  • 文化芸術活動の振興に当たっては、地域における文化芸術は区民の共有財産であり、地域に対する愛着と連帯感を育くむものとして尊重され、将来に引き継がれなければならない。
  • 文化芸術活動の振興に当たっては、区と区民等の協働により文化芸術の発展が図られなければならない。

区民等の定義

  • 区民とは、区内に在住、在勤又は在学する者及び区内で文化芸術活動を行なう者をいう。
  • 団体とは、区内で文化芸術活動を行う団体又は文化芸術活動に関わる団体及びそれらの連合体をいう。
  • 企業等とは、区内に事業所又は事務所を有する法人及び前号に規定する団体以外の団体をいう。

区の責務

  • 区は、文化芸術振興施策を総合的かつ効果的に推進する責務を有する。
  • 区は、将来にわたって区民等が文化芸術を創造し、享受することができるよう、文化芸術活動への参加及び文化芸術作品に触れる機会の拡充を図り、文化芸術活動の推進に関わる環境を整備するとともに、区民等の関心及び理解を深めるよう努めなければならない。
  • 区は、文化芸術振興施策の策定及び推進に当たっては、広く区民等の意見を反映させるために必要な措置を講ずるものとする。
  • 区は、区が行う施策に文化芸術振興の視点を取り入れるよう努めるものとする。
  • 区は、文化芸術振興施策の推進に当たっては、区民等が行う文化芸術活動が円滑に行われるよう留意するとともに、区民等の協力を求め、又は区民等が保有する人材、情報その他の資源を活かすよう努めるものとする。

区民への期待

  • 区民は、自らが文化芸術活動の継承及び創造の担い手であることを理解し、文化芸術への関心を深めることによって、文化芸術活動の振興に積極的な役割を果たすものとする。

団体への期待

  • 団体は、自主性と創造性を活かして文化芸術活動を推進するとともに、人材その他の資源を活用し、区民等の文化芸術活動の支援に努めることによって、文化芸術活動の振興に積極的な役割を果たすものとする。

学校への期待

  • 学校(学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校をいう。)は、在学する児童、生徒、学生が文化芸術活動を体験し、文化芸術作品に触れる機会の充実に努めるとともに、人材その他の資源を活用し、文化芸術活動の振興を担う人材の育成、区民等の文化芸術活動への支援に努めることによって、文化芸術活動の振興に積極的な役割を果たすものとする。

企業等への期待

  • 企業等は、地域社会を構成する一員として、積極的に文化芸術活動を推進するとともに、文化芸術活動を行う区民等との協働に努めることによって、文化芸術活動の振興に積極的な役割を果たすものとする。

基本計画の策定

  • 区は、文化芸術振興施策を総合的かつ計画的に推進するための基本的な計画(以下「基本計画」という。)を策定するものとする。
  • 基本計画は、次に掲げる事項について定めるものとする。
    1. 文化芸術振興施策の目標
    2. 前号の目標を実現するための事業
    3. 前号の事業の評価方法
    4. 前3号に掲げるもののほか、文化芸術振興施策に関わる重要事項

施設の活用

  • 区は、足立区文化芸術劇場条例(平成15年足立区条例第57号)に規定する文化芸術劇場及び足立区西新井文化ホール条例(平成5年足立区条例第55号)に規定する西新井文化ホールの施設において、文化芸術活動が積極的に展開されるよう必要な施策を講ずるものとする。
  • 区は、区民等に身近な文化芸術活動の場の充実を図るため、学校教育施設、社会教育施設その他の施設の利用を促進するために必要な施策を講ずるものとする。

財政上の措置

  • 区は、文化芸術振興施策を推進するため、必要な財政上の措置を講ずるよう努めるものとする。

支援及び助成

  • 区は、区民等の行う文化芸術活動に関し、必要な支援及び助成を行うことができる。

顕彰

  • 区は、優れた文化芸術活動及び文化芸術活動の振興に寄与した者の顕彰に努めるものとする。

関連PDFファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域文化課地域文化支援係
電話番号:03-3880-5986(直通)
ファクス:03-3880-5641
Eメール:chiiki@city.adachi.tokyo.jp

メールフォーム:おしえてメール

メールでお問い合わせいただく場合、お使いのメールアドレスによっては、返信することができません。
くわしくは「足立区からメールを送信できないメールアドレス」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?